contemporary-living-room

ホワイトレザーソファで高級感&清潔感UP!コーディネート20選

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Pin on Pinterest0Share on Google+0Share on Tumblr0Print this page

おしゃれ感が一気にUPするレザーソファ。

「レザーソファと言えば、黒や茶色」と思っている方が多いかもしれませんが、清潔感のあるホワイトの存在を忘れてはいけません。

ホワイトのレザーソファは、黒や茶色のレザーほどの重厚感は演出できませんが、色の中で最も明るい為、広々とした印象をUPします。

また、「白っぽいソファを置きたいけれど汚れが気になる」という場合もレザーなら「住宅用洗剤で汚れをササッと拭ける」というメリットもあります。

が、ホワイトレザーのソファのある部屋と聞くと、高級感たっぷりで、ホテルのラウンジやロビーっぽいデザインを想像してしまい「綺麗なタイル床・キラキラ輝くシャンデリア・ツルンとしたデザイン家具とコーディネートしないと合わないのでは?」と思ってしまいがちですよね。

そこで、ホワイトレザーのソファを置いたリビングコーディネート例を紹介しますので、参考にしてみて下さいね。

Sponsored Link

1.ホワイトレザーソファの典型的なモダンリビング例

脚の無いホワイトレザーフロアソファをL字にレイアウトし、黒地にホワイトのライン入りのラグとホワイトのリビングテーブルをコーディネートした例。

ソファの白さと背の低さでリビングが広々と見える!
重厚感というよりもちょっぴりカジュアル感のあるインテリアの作り方が素敵です。

ホワイトレザーのフロアソファとシンプルなデザインのホワイトのTV台を対面式にレイアウトし、茶色のラグとガラステーブルをコーディネートした例。

茶色のクッションと茶色のラグで温もり感UP。
隣にあるダイニング空間は、ホワイトテーブル+黒チェアのモノトーンコンビなので、リビング空間にある茶色が程よい生活感を出しています。

ホワイトのオープン棚の前にホワイトレザーのコーナーソファを置き、ホワイト地に黒の模様が入ったラグをコーディネートした例。

ガラスやスチールを一切使わない(※バルセロナチェアのフレームを除く)でモダンインテリアを演出した事例。
1個上の事例もそうでしたが、ホワイトレザーと木目の家具や茶色って意外と合うんですね。

目次に戻る

2.ホワイトレザーソファを使いつつ家庭的な印象を演出したリビング例

ふわっとしたデザインのホワイトレザーソファとライトグレーのラグ、木目のリビングテーブルをコーディネートした例。

ソファ背面の壁にも茶色×ベージュのアートをon。
モダンほど冷たさを感じない温かみのあるコーディネートの仕方が、とても参考になります。

シンプルなホワイトレザーソファと味のある木の正方形テーブル、木脚のベンチ×2をコーディネートした例。

カーテンの柄だけでこんなに温もりがUPして見えるなんて…。
カーテンは、白地にベージュ(茶系)の花か木の模様かな?

こういった家具コーディネートの場合、カーテンには白や黒のモノクロカラーを選びがちなので、目から鱗のインテリアの作り方です。

リビングの壁に沿ってホワイトレザーコーナーソファをレイアウトし、ダークイエローのクッションと黄色×赤×茶色×グレー×ホワイトetcの幾何学模様のラグをコーディネートした例。

ソファ、テーブル、収納家具、TV台は全てホワイトで統一して、クッションとラグの柄で温かみをプラス。
白の冷たさや緊張感を一切感じさせないコーディネートの仕方が、とても参考になります。

ホワイトレザーのコーナーソファとホワイトレザーのオットマンを中央に置いたリビングに、ヴィンテージな木製の小物入れをコーディネートした例。

“新しい”という雰囲気がするホワイトレザーソファに敢えて古ぼけたデザインの家具を組み合わせるセンスが素敵!!
ホワイトレザーを使って、こんなに崩したインテリアを作るのもありですね。

目次に戻る

3.ホワイトレザーソファを使いつつ生活感を出したカジュアルなリビング例

ホワイトレザーソファを対面にレイアウトし、床に赤・ピンク・水色・ネイビー・ダークグリーンのタイルを貼り合わせたような柄のラグをコーディネートした例。

カラフルラグがとってもキュート。
ソファが白だからこそ似合うラグの色ですね。

ちなみにこのラグは、Parallel Reality by FLOR(海外サイト)です。

ホワイトレザーソファを2台、L字にレイアウトし、残った面にくすんだオレンジのファブリック製1Pソファを置いた例。

オレンジのソファが良いアクセントになってる!!
「我が家のリビングは狭いので、大きなソファ2台と一人掛けソファ2台も置けるスペースは無い」という方も、メインソファ1台+サブチェア1台の組み合わせで、このカラーコーディネートを真似することは可能です。

ホワイトレザーソファとホワイト鏡面のTV台を対面にレイアウトしたリビングに、黒×ベージュのリーフ柄のラグ・ホワイト×グレーのギザギザ模様のブランケット、赤のクッションをコーディネートした例。

ソファを覆うようにカジュアル柄のブランケットが掛けてあるところが参考になる!
「ホワイトレザーソファのせいで冬、寒々しく感じてしまう」という時に、アレンジの参考にすると良さそうな事例です。

ホワイトレザーの2Pソファに、グリーンとブルーとオレンジの単色クッション、オレンジのストールを置き、壁際にオレンジレザーのスツールを2個レイアウトした例。

目を惹くカラフルな色の取り入れ方がおしゃれ!
この項目の一番最初にも書きましたが、カラフルなインテリア小物は、ソファが白だからこそ強調されて、インテリア全体がスタイリッシュな印象になります。

1個前の事例の別方向からの見え方。

ナチュラルブラウン系のフローリングとオレンジっぽい木目の家具に、オレンジのインテリア小物をプラス。
メリハリの付け方が、とても参考になります。

目次に戻る

4.ホワイトレザーソファを使っても実現可。ヴィンテージリビング例

茶系レンガ壁のあるリビングにホワイトレザーソファをコーディネートし、金属みたいなデザインのリビングテーブルを組み合わせた例。

清潔感のあるホワイトレザーと歴史を感じるレンガ壁のコンビネーションがおしゃれ。
壁の色に合わせて、ダークブラウンのレザー製ベンチをプラスしてあり、統一感を感じるカラーコーディネートになっています。

コンクリートっぽい壁の前に、モダンなホワイトレザーソファを置いた例。

このソファはコルビジュエかな?
コンクリート壁に木目の天井の内装とホワイトレザーが、こんなに合うなんて知らなかった…。

コンクリート天井のリビングにホワイトレザーソファをコーディネートした例。

1個前の事例は壁でしたが、こちらは天井バージョン。
「そもそも我が家の内装はホワイトの壁紙仕上げだ」という方は、コンクリートを模した壁紙クロスを活用することで似たようなインテリアが作れます。

配管丸見え天井のリビングに、ふかっとした見た目のL型ホワイトレザーソファをコーディネートした例。

「清潔感たっぷり!」というよりは、くつろぎやすそうなリビングといった感じに見えるのは、ソファのデザインが四角張ってないから?
ソファ背面の壁にある木製シェルフや脚が木製の床置きファンが、とっても格好良い!!

目次に戻る

5.ホワイトレザーソファを使ったモノトーンリビング例

ホワイトレザーのフロアソファを置いたリビングの壁に、ホワイト×ライトグレーの花柄の壁紙クロスを張り、床にライトグレーのフカっとしたラグを敷いた例。

可愛さと優しさを感じるコーディネート。
「ホワイト×グレーのモノトーンコーディネートは、冷たくて無機質な雰囲気になる」と思ってましたが、素材にこだわると、この事例のようなフェミニンな印象にも出来るんですね。

ホワイトレザーソファとホワイトカーテンをコーディネートしたリビングの床に真っ黒なラグを敷いた例。

このリビング涼し気!
濃いブルーのクッションとソファ背面の壁の水色のアートが更に涼しさUP。

黒の木製フレームにホワイトレザーを組み合わせた3Pソファを対面式にレイアウトし、グレーのラグを敷いたリビング例。

短手方向の余ったスペースには、黒の円形テーブルを挟むように、丸みを帯びたデザインの黒レザーチェアを2台on。
格好良いだけでなく、モノトーンカラーを使いつつも、くつろぎを感じるインテリアの作り方が、とても参考になります。

ホワイトレザーソファとホワイト鏡面のTV台を対面にレイアウトし、ライトグレーのラグとグレーのカーテンをコーディネートしたリビング例。

TV背面の壁もグレー。
このリビングもカラー使いは無機質ですが、ソファが丸みを帯びたデザインとふかっとしたラグが使ってあるので、さほど冷たさを感じません。

目次に戻る

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Pin on Pinterest0Share on Google+0Share on Tumblr0Print this page
同じテイストの他の記事も読んでみる
Sponsored Link
海外インテリア | お洒落でカラフルなインテリア実例集に戻る

PAGE TOP