traditional-living-room

たった3つのポイントで作る!高級感のあるインテリア&厳選30例

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Pin on Pinterest0Share on Google+0Share on Tumblr0Print this page

ちょっぴりリッチで居心地が良さそうな部屋。

そんな部屋を作りたい時、高級ブランドの家具や有名なデザイナーの家具を真っ先に思い浮かべる方が多いかもしれませんね。

でも、予算を気にせずこれらの家具を買えるほどの懐事情が良いわけでもなく、ましてやずっと住み続ける訳でもない。

こんな状況で「部屋を高級感のある雰囲気にしたい!!」と思っている方におすすめなのが、色の使い方を工夫して高級に見えるインテリアを作る方法です。

  • 黒を使う
  • 明度や彩度が低い色を使う
  • 煌びやかな印象のゴールドを使う

この3つのポイントを1つ真似るor全部取り入れることで、お部屋に高級感を出すことができますので、解説や事例を参考にしてみて下さいね。

Sponsored Link

1.メインカラーに黒を使う

インテリアで高級感や重厚感を出したい時に使う色と言えば「黒」です。

また、インテリアのカラーコーディネートは

  • 床・壁・天井をベースカラーとし全体の約70%
  • カーテンや大きな家具をメインカラーとし全体の約25%
  • クッション・ランプシェード・アート・小物類をアクセントカラーとし全体の約5%

が基本です。

カラー配分

メインカラーに黒を使う

この目安を参考に「メインカラーに黒を使う」を意識すると自然に部屋に高級感を生み出すことができます。

1-1.メインカラーが黒のダイニング

カーテンとダイニングテーブルセットを黒にした例。

フローリングが白っぽいせいかスッキリ&格好良い!!
「めちゃくちゃ高級」ではなく「何となく高級」程度なので、私達庶民でも簡単に真似できそう!!

遊具みたいなデザインのチェアは、CHAIR_ONE by Magisで日本でも購入可能です。

黒のフローリングのダイニングに、黒のパターン柄の壁紙クロスと黒のレザー製ダイニングチェアをコーディネートした例。

ダイニングテーブルは木目が綺麗な茶色。
光の加減で、柄が浮き出て見える壁紙クロスが格好良い!!

店舗に使われていそうなデザインの壁紙を張るのも一つの方法ですね。

木製の長方形テーブルに、黒のメッシュデザインのダイニングチェアを組み合わせ、壁面を黒にした例。

チェアに透け感があるせいか、重苦しく感じない!
チェアはBertoia Side Chair by Knollで、デザイナーズ家具を使った事例ですが、狭いダイニングに黒のチェアを置きたい時に参考にしたいデザインです。

1-2.メインカラーが黒のリビング

壁の一面を黒にして、黒のファブリック製ソファを置いたリビング例。

黒の流れるようなラインが入ったラグを敷いて更に高級感UP!!
こういったリビングコーディネートの場合、ラグにグレーの単色を選んでしまいがちですが、パターン柄を選んだ方が高級度合が2倍増しになる気がします。

壁の一部を黒にして、黒のロータイプのTVボードをコーディネートした例。

ソファはホワイト。
高級なデザインの家具ではなく、シンプルデザインの家具だけど高級感たっぷりに見えますね。

TVボードの上に飾ってある膝上のマネキンが美術品のように見えてしまう不思議…。

黒のレザー製ソファと黒のレザー製チェアを対面にレイアウトし、真ん中に黒のテーブルを置き、黒のラグをコーディネートした例。

「床が黒っぽいタイルなので、高級そうに見えるのでは?」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、フローリングのリビングにこのコーディネートを真似ても十分高級に見える!
黒のソファの背面からニョキっと伸びた、フロアランプの使い方が格好良い!!

ちなみに、このランプは、Twiggy floor by FOSCARINI(フォスカリーニ)で、日本でも入手可能です。

レザー製3Pソファとラグを黒でコーディネートした例。

壁は薄いグレー、カーテンは壁よりも濃いグレーです。
モノトーンカラーを上手く組み合わせて高級な雰囲気を演出するインテリアの作り方が、とても参考になります。

1-3.メインカラーが黒の寝室

黒のベッドと黒のナイトテーブルをコーディネートした寝室例①。

アート、ボックスシーツ、枕カバーに赤を加えた高級感とスタイリッシュさを感じるインテリア。
この事例のように5%程度のアクセントカラーを取り入れると、インテリア全体がグンとおしゃれになります。

黒のベッドと黒のナイトテーブルをコーディネートした寝室例②。

アートと枕カバーにブルーグリーンや水色をプラス!
カジュアル過ぎず、広々とした印象も感じるカラーコーディネートが、とても参考になります。

目次に戻る

2.明度や彩度が低い色を使う

下記は同じデザインのソファを彩度・明度の違う黄色とグリーンで比較したものです。

黄色のソファの彩度比較

黄色のソファの彩度比較


グリーンのソファの明度比較

グリーンのソファの明度比較

いかがですか?
どちらも右側のソファの方が高級感がUPして見えませんか?

このように同じ色でも、鮮やかではっきりとした色よりもくすんだり暗く感じる色の方が高級感が増して見えるので、カラフルな色を選定する場合は、明度や彩度が低いと感じる色味をチョイスするようにしましょう。

明度と彩度とトーンによる色相環

明度や彩度が低い色を使う

2-1.明度や彩度が低い色を使ったダイニング

暗めのブルーグリーンの壁のダイニングに、アンティークなダイニングテーブルとグレーのチェアをコーディネートした例。

高級感とエレガントさが漂う素敵な食事空間!!
壁の色の影響か!?ダイニング全体にヨーロピアンな雰囲気も感じます。

黒のダイニングテーブルとダークブラウンの収納家具を置いたダイニングに、暗めの青のレザーチェアをコーディネートした例。

このチェア、格好良い!
「チェアが黒だったら…」と想像すると、青の方がおしゃれにこだわって見える気が。

チェアは、LOVING by Minottiで、海外の家具メーカーのものですが、日本でも入手可能です。

壁面を暗めの赤紫にして、光沢のあるダークブラウンの円形テーブルを置き、暗めのオレンジのファブリックチェアをコーディネートした例。

ホテルのアジアンレストランのような雰囲気を思わせるカラーコーディネートが素敵!!
開放感のあるダイニングを作りたい時にはチョイスしにくい色ですが「紫やオレンジを使っても高級感が出せる」を実感できる事例なので掲載。

壁をダークレッドにして、ダークブラウンの長方形テーブルを置き、ダークパープルのファブリックチェアをコーディネートした例。

カーテンの色は、壁の色と同じダークレッド。
「黒を使わず、カラフルな色で高級感を出す」が、とってもわかりやす事例です。

2-2.明度や彩度が低い色を使ったリビング

壁面をダークブルーにして、ダークパープルのソファをコーディネートしたリビング例。

ソファに組み合わせてあるクッションも、暗めの黄色。
「明度や彩度が低い色を選ぶ」と言葉だけで聞くと難しそうに感じますが、こうやって事例を目にすると、何だか簡単に真似できそうな気がしてきませんか?

壁の一部をダークブラウンにして、ソファとカーテンを壁よりも暗いダークブラウンにしたリビング例。

壁・カーテン・ソファを黒でまとめた部屋よりも、くつろぎ感があるように見える!
1項目めで紹介した「黒を使う」は誰でも思いつきそうなコーディネートなので、一味違うALLダークブラウンでまとめると、おしゃれ感がUPして見えるかも。

薄いグレーの壁のリビングに、暗めのグリーンの3Pソファをコーディネートした例。

後から紹介するゴールドもプラスしたコーディネートですが、暗めのグリーンって、めちゃくちゃ高級感がUPして見えませんか?
ソファの素材が、ありきたりな布ではなく、ベルベットなところも高級感UPに貢献しています。

ダークブルー(ネイビー)の壁の前に、ネイビーのレザー製ソファを置いたリビング例。

「“革製ソファ”というだけで部屋に高級感が出せる」と思っていた私は、このカラーコーディネートに目から鱗。
「ブルー系のレザーを使ったアイテムをインテリアに使う」という発想が、おしゃれ過ぎます!!

暗めの青緑のソファを置いたリビング例。

「青のソファと言えば、カジュアルな印象。」
そう思っていた方も、このリビングの高級感に驚いたのでは?

光沢やくるみボタンがついているデザイン性の高いソファは、インテリアショップで見かけたら一目惚れしてしまいそう。

ちなみにソファは、Brompton Chesterfield Large 3 Seater Sofa by John Lewisという海外の製品ですが、カラーバリーエションが豊富で羨ましくなるくらい…。

天井をダークブラウン、壁を黒、ラグ(カーペット)を暗めの紫にしたリビング例。

白い面が全く無い…。
壁&天井が白いのが当たり前の日本の部屋ばかりを見てると、この事例のような色使いのリビングは斬新に見えます。

「実際は暗~い感じがするのでは?」と思ってしまいますが、大きな窓があるから大丈夫かな?

暗いブルー(ダークグレー?)の壁のリビングに、ダークパープルのピンストライプ柄のソファをコーディネートした例。

何このソファ、格好良い上にめちゃくちゃおしゃれ!!
ピンストライプというだけで高級スーツのような印象を持ってしまう私は、単純過ぎるのかしら?

2-3.明度や彩度が低い色を使った寝室

寝室の壁をダークグリーンにして、グレーのファブリックベッドを置いた例。

癒しのグリーンではなく、高級感を感じるグリーン。
チェスト類はダークブラウンで落ち着いた雰囲気。

このカラー使いは、そのまんまリビングで真似ても良さそう。

目次に戻る

3.煌びやかな印象のゴールドを使う

3-1.ゴールドを使ったダイニング

円形のガラステーブルにレザー+ゴールド脚のダイニングチェアを組み合わせた例。

何この高級感!!
テーブルとチェアはセット品でしょうか?

ペンダント照明とラグにもゴールドが使われていますが、さほど厭らしさを感じない上品なコーディネート例です。

木目が綺麗な一枚板のダイニングテーブルに、ゴールドフレームの猫足チェアをコーディネートした例。

「晩餐会でも開催されるの?」と突っ込みたくなるようなゴージャスなダイニング!
丸太をスライスしたようなデザインのテーブルとアンティークデザインのチェアを組み合わせても違和感が無いんですね。

ナチュラルブラウンの長方形ダイニングテーブルに茶色のベンチと茶色の木製チェアを組み合わせ、天井からゴールドのお椀のようなデザインのペンダント照明を2灯吊り下げた例。

たった2個の照明器具で高級感UP!!
ゴールドを使う場所を探す時って、家具の脚や枠(フレーム)に注目しがちですが「照明器具に取り入れるという方法もあるんだな。」と発見になった事例です。

3-2.ゴールドを使ったリビング

側面がゴールドで塗装されたホワイトのテーブルをコーディネートしたリビング例。

テーブルの上には、側面と同じくゴールドの円形トレイ(お盆?)をon。
手前にある、黄色っぽいチェアはワニ革でしょうか…。

今まで目にしたことの無い色&柄の組み合わせに「こんな高級感の出し方もあるんだな…」と目からウロコ。

ネイビーのファブリックソファを置いたリビングに、曲線が美しいゴールドフレームのミラーとゴールド脚のガラス製リビングテーブルを置いた例。

色&デザインの統一感が素敵過ぎっ!!
キャンドルデザインのシャンデリアもゴールドにしてありますが、全て艶消しデザインなので派手な印象は少なく、アンティークな雰囲気も。

黒のカウハイドラグをリビングの中央に置き、ゴールドのリボンのようなデザインの脚の円形ガラステーブルを乗せた例。

何、このテーブルのデザイン!!
クルンクルンと曲がった脚がエレガント過ぎる…。

ファー素材のブランケットやフカフカのムートンを取り入れた高級感の演出法も参考になります。

3-3.ゴールドを使った寝室

寝室のコーナーに、ゴールド脚のホワイトの収納家具&ゴールドフレームのチェア&ゴールド脚のサイドテーブルを置いた例。

華奢なデザイン&ゴールドの組み合わせが高級感たっぷり!!
真っ白なムートンをチェアに乗せて、エレガントさもプラスしたコーディネートの仕方が参考になります。

キラキラ光るゴールドフレームのベッドを置いた寝室例。

何、このベッド…。
世の中に、こんな色&デザインのベッドがあるなんて知らなかった!!

ちなみに、このベッドはalchemy bronze bed by CB2で海外のものですが、日本への配送も可能です。

ベージュのファブリックベッドに薄いピンクのベッドカバーをコーディネートし、天井からゴールドのペンダント照明を2灯吊り下げた例。

ベッドカバーのピンクが明度が高い(白に近い)ので、高級というよりカジュアルな雰囲気の方が勝ってるかな?
このベッドカバーを暗めの赤紫にすると、大人っぽくて高級感のあるベッドルームが出来上がりそう。

目次に戻る

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Pin on Pinterest0Share on Google+0Share on Tumblr0Print this page
同じテイストの他の記事も読んでみる
Sponsored Link
海外インテリア | お洒落でカラフルなインテリア実例集に戻る

PAGE TOP