contemporary-living-room

カーテン選びの参考に。白・黒・グレーの床のコーディネート例

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Pin on Pinterest0Share on Google+0Share on Tumblr0Print this page

世間に溢れるカーテンの事例は、床が木の色をした茶系のフローリングがほとんど。

白い床・グレーの床・黒の床など、茶系以外のフローリングの場合「どんな色のカーテンの合うのか?」を想像すると、床色と同じ白かグレーか黒か…、となってしまいがちですが、それでは味気ない気も。

先日から計画中のグレーのフローリングの倉庫にも一か所腰窓があるのですが、無難に白にするのは勿体ない気がしています。

gray-floor

白・黒・グレーは無彩色と呼ばれ、彩度(鮮やかさ)が無い色。

これらに下記の色相環にある暖色・寒色・中性色のカラフルな色のカーテンをプラスするとどんな雰囲気になるのか?を床色ごとに見て行きたいと思います。

色相環

Sponsored Link

1.ホワイトの床のカーテンコーディネート例

1-1.ホワイトの床と暖色カーテン

ホワイトのフローリングの寝室にダークレッドのカーテンをコーディネートした例。

白の床にダークグレーやグレーをプラスしたモノトーンコーディネートに、暗めの赤を取り入れる発想は無かった!!
この組み合わせ方、とってもエレガントです。

ホワイトの床の子供部屋に、白×オレンジのシェブロン柄(ギザギザ模様)のカーテンをコーディネートした例。

壁面がベージュ×水色の太いストライプなので、ゴチャっとした雰囲気がしますが、ホワイトの壁にこのカーテンを組み合わせるとおしゃれ感が出て、明るく元気な印象の部屋になりそうです。

ホワイトの床のリビングに落ち着きのあるピンクのカーテンをコーディネートした例。

テーブルランプやインテリア小物もピンクで統一してあるので女性の部屋かしら?
シャンデリアが似合うエレガントなリビング例です。

白の床色のリビングに、赤みが多めのピンクのカーテンをコーディネートした例。

アンティーク風の茶色の木製家具とこの色のカーテンを組み合わせた例は初めて見たかも。
無難なベージュのカーテンにしてしまうところ、敢えてピンクを使うことで華やかさがUPしてる気がします。

白の床のリビングに、鮮やかなオレンジのカーテンをコーディネートした例。

静寂を感じる上品なインテリアの中に、太陽のような明るさをカーテンでプラス!!
このカーテンの色が3倍くらい素敵に見えるのは、無彩色をメインに使ったカラーコーディネートだからこそ?

白い(クリーム?ベージュ??)床の子供部屋に鮮やかな黄色のカーテンをコーディネートした例。

この組み合わせ方も素敵!!
茶系のフローリングに、このカーテンを組み合わせても、ここまでのおしゃれ感は出ない気が…。

壁面がグレーですが、白の壁にも映えそうですね。

1-2.ホワイトの床と寒色カーテン

白の床のリビングに薄い水色のカーテンをコーディネートした例。

爽やか&エレガント!!
白っぽい床+寒色の組み合わせは寒々しい雰囲気もするので、ソファやクッションに茶系(ベージュ&茶色)を使って暖かさをプラスしてあるところも参考に。

白い床のダイニングに、くすんだ水色のカーテンをコーディネートした例。

ダイニングチェアに紫のファブリックが使ってあるワンランク上のコーディネートが素敵すぎる!!
壁と天井が木目のお部屋ですが、白でも合いそうなカラーコーディネートです。

1-3.ホワイトの床と中性色カーテン

白の床のリビングダイニングにくすんだグリーンのカーテンをコーディネートした例。

ダイニングは水色、リビングはオレンジをアクセントカラーにして、両方の色と相性の良い緑(水色とは類似色、オレンジとは反対色相の関係)をプラス!!
カーテンの色を抑え気味にすることで、ダイニングやリビングの色が際立って見えるような工夫もしてあります。

白の床の寝室に、薄いグリーンのエレガントなカーテンをコーディネートした例。

花柄のベッドリネンやラグとの雰囲気ばっちり!!
寝室の事例ですが、くつろぎ&上品なリビングインテリアを作りたい時の参考にしてもよさそう。

白い床の寝室に、薄いグリーンのカーテンをコーディネートした例。

1個前の事例と床&カーテンの色は同じですが、こちらの方がシンプルな印象。
カーテンの“ヒダ”の入り方やカーテンレールのデザインにヒントがありそうです。

白い床の寝室に、ホワイトのレースカーテン&薄い紫のカーテンをコーディネートした例。

高級感、開放感、上品さの3つが融合した素敵な窓周り!!
白のカーペットを敷いたお部屋の事例ですが、白のフローリングにも合いそうです。

1-4.ホワイトの床と無彩色カーテン

ホワイトのフローリングのリビングに、グレーのカーテンをコーディネートした例。

ソファ&ラグを黒、他のチェアをグレーにした典型的なモノトーンインテリア。
生活感が少なめのモダンな雰囲気がたまりませんね。

ホワイトのフローリングのリビングに、ライトグレーのカーテンをコーディネートした例。

ソファを茶色にしてナチュラル感を演出!!
ナチュラルインテリア=生成りのカーテンと思ってましたが、グレー系にすると上品さがUPするんですね。

ホワイトのフローリングのリビングに、ホワイトのカーテンをコーディネートした例。

白×黒のストライプソファにピンクのクッションをプラスしたアクセントの使い方が素敵!!
床・壁(家具含む)・天井は白で統一して、部屋の中心に置く家具で色をプラスしてあるので、白の床の広々とした印象はそのままです。

目次に戻る

2.グレーの床のカーテンコーディネート例

2-1.グレーの床と暖色カーテン

グレーの床の子供部屋に派手な赤(ピンク?)のカーテンをコーディネートした例。

プレゼント包装のような可愛い雰囲気♪
奇抜過ぎるのでくつろぎのリビングには不向きかな?

グレーの床の寝室に、鮮やかなオレンジのカーテンをコーディネートした例。

暖色=暑苦しいというイメージでしたが、グレーが冷たい印象を持ってるせいか程よい塩梅。
2面を窓に囲まれたスケルトン状態のお部屋の例ですが、窓が白の壁でも、このカーテンは似合いそう。

グレーのフローリングの子供部屋に、薄いオレンジのカーテンをコーディネートした例。

グレーの床に白っぽいオレンジが合うなんて、この事例を見るまで知らなかった…。
オレンジと相性の良い薄い紫をチェアやクッションに取り入れたカラフルコーディネートにも注目です。

2-2.グレーの床と寒色カーテン

グレーのフローリングのリビングに、光沢のあるブルーのカーテンをコーディネートした例。

ソファ&ラグをグレーのモノトーンでまとめて、クッションとカーテンを同じブルー系にしたエレガントなインテリア!!
レースカーテンにもありきたりなホワイトではなく、水色が使ってあるのがポイントかな?

グレーの床のリビングに、透け感のある水色のカーテンをコーディネートした例。

青の他にくすんだグリーンと黄色を使った3色コーディネートが素敵過ぎます!!
大人ポップなリビングを作りたい時に参考にすると良さそうな事例です。

2-3.グレーの床と中性色カーテン

グレーの床の寝室に鮮やかな紫のカーテンをコーディネートした例。

カーペットの事例ですが、この色のカーテンを使おうと思ったセンスに脱帽!!
カーテン以外は、白とライトグレーでまとめてあるのでゴチャっとした印象も皆無です。

グレーの床の寝室に、暗い青紫のカーテンをコーディネートした例。

エレガント&落ち着きがたまりませんっ!!
「グレーは上品」「紫は高貴」という色の特徴があるので、2色を組み合わせると、相乗効果により上品さがUPするんですね。

ライトグレーの床の仕事部屋に、くすんだ紫のカーテンをコーディネートした例。

鮮やかなオレンジのアートとの相性抜群!!
オレンジのカーテンとところでは紫の家具と組み合わせた事例を紹介しましたが、こちらは逆バージョンです。

2-4.グレーの床と無彩色カーテン

グレーの床のリビングに、ダークグレーのカーテンをコーディネートした例。

ソファの色も黒なので、全体的に暗い印象ですが、落ち着きを演出したい場合に参考にすると良いかも。
ただし、このリビングは一般的なお家の天井高(2.4~2.5m)よりも高いのでカラーコーディネートをそっくりそのまま真似る時は圧迫感に注意!!

グレーの床のリビングに、床色と同じグレーのカーテンをコーディネートした例。

1個前の事例と同じ床色なのに、この部屋の方が広く見えるのは壁面に白が多いから。
ナチュラルブラウンの木製家具や茶色×ホワイトのカウハイドラグをプラスしたナチュラルさを感じる演出の仕方も参考に。

ダークグレーの床のリビングに、床色と同じグレーのチェック柄のカーテンをコーディネートした例。

何ちゅう閉鎖的な部屋なの!?と思ったらシアタールームでした。
床・壁面・ソファを同じようなグレーにしてオレンジのラグやアートでアクセントをつける技に注目です。

グレーのフローリングのリビングに、真っ白なカーテンをコーディネートした例。

壁の色がライトグレーだからカーテンの白が際立って見えるのかな?
壁が白の場合は、この事例の壁色くらいのグレーのカーテンを取り付けてニュアンスをつけると良いかも。

目次に戻る

3.黒の床のカーテンコーディネート例

3-1.黒の床と暖色カーテン

黒の床の子供部屋に、鮮やかなピンクのカーテンをコーディネートした例。

このカーテン、紫で縁取りがしてある!?
子供部屋の事例ですが「TVボード&リビングテーブル&ソファを白でまとめたら良いのかな?」とリビングのヒントにもなりそう!!

黒のフローリングのダイニングに、オレンジのカーテンをコーディネートした例。

ベージュのファブリックとオレンジのカーテンが、こんなに合うなんて新発見!!
壁面が木目調のダイニングですが、このカラーコーディネートは白の壁でも似合いそう。

黒のフローリングのリビングダイニングに、黄色×ホワイトのパターン柄のカーテンをコーディネートした例。

柄×柄&カラフルを織り交ぜた落ち着きの無さが海外っぽい!!
「もう10才若かったら、挑戦してしてたかも…」と思わせる遊び心のあるインテリア例です。

黒のフローリングのリビングに、白×黄色の花柄のカーテンをコーディネートした例。

1個前の事例を見た後なので落ち着いて見える(笑)。
パターン柄を壁面に持ってくると圧迫感が出てしまうのですが、このカーテンの場合は白が多めなので締めきっても、息苦しさを感じ無さそうです。

3-2.黒の床と寒色カーテン

黒のフローリングのダイニングに、鮮やかな青×ネイビーのチェックのカーテンをコーディネートした例。

壁面に花柄の壁紙が貼ってあるので、ちょっぴりゴチャっとした印象。
壁の色が無地のホワイトならカジュアルさが出そうな予感です。

黒のフローリングのダイニングに、薄い水色のカーテンをコーディネートした例。

清潔感と落ち着きを感じる素敵なダイニング!!
黒い床のダイニングって、ガラステーブルと黒レザーのチェアでモダンな雰囲気にしてしまいがちですが、温もりのある木のダイニングテーブルセットを置くだけで、こんなにもくつろげそうな空間を演出できるんですね。

3-3.黒の床と中性色カーテン

黒のフローリングの子供部屋に、くすんだ黄緑色のカーテンをコーディネートした例。

和みを感じる!!
黒っぽいフローリングのお部屋って、格好良い雰囲気にしか出来ないと思ってましたが、色の使い方で癒しをプラスすることも出来るんですね。

3-4.黒の床と無彩色カーテン

黒のフローリングの寝室に黒のカーテンをコーディネートした例。

黒×ダークレッド×白のカラーコーディネートが素敵!!
寝室の事例ですが、この配色はリビングで真似ても良さそう。

ポイントは差し色の赤を暗めにすることかな?

黒のフローリングのリビングに、グレーのレースカーテンをコーディネートした例。

レースカーテンは白しかないと思い込んでいました…。
「このレースカーテンに、黒無地や白無地の遮光カーテンを組み合わせるのもありかも。」とふと。

黒のフローリングの寝室に、ホワイトのレースカーテンをコーディネートした例。

爽やかな風が入り込んできそう!!
ホワイトの円形ミニテーブルを挟んでホワイトレザーのチェアがレイアウトしてあるので、チェアをソファに変換してリビングコーディネートの参考にしても良さそう。

黒のフローリングの寝室にオフホワイトのカーテンをコーディネートした例。

ホワイトのカーテンを組み合わせるよりも温もり感UP!!
微妙な色の違いですが、リビングには使用目的から、こちらの色の方が合いそうな気がします。

目次に戻る

いかがでしたか?

白・黒・グレーのいわゆるモノトーンカラーの床色の部屋に、カラフルなカーテンの組み合わせは「カーテンが主役!!」といった感じのおしゃれなコーディネートが多かったように思います。

その理由は、茶系のフローリングの部屋よりも、床面に色が無い分、カーテンが際立って見えるからかもしれませんね。

こんなにたくさんの組み合わせると、ますます床色と同じような白・グレー・黒のカーテンでまとめるのがもったいない!!

冒頭に写真を挙げた倉庫のカーテンは思い切ってヴィヴィッドな黄色にしてみようと思います。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Pin on Pinterest0Share on Google+0Share on Tumblr0Print this page
同じテイストの他の記事も読んでみる
Sponsored Link
海外インテリア | お洒落でカラフルなインテリア実例集に戻る

PAGE TOP