contemporary-kitchen

心が弾んで楽しくなる!イエローインテリアコーディネート41選

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Pin on Pinterest0Share on Google+0Share on Tumblr0Print this page

家族が集うリビングを明るい雰囲気にしたい時、日当たりの悪い部屋にインテリアに取り入れると良いのがイエローです。

黄色は、太陽を連想させる色なので、目に入るだけで心が朗らかな気分になる上、陽の当たらない北向きの部屋や窓が小さな部屋に積極的に取り入れると暗い部屋でも開放的に見せてくれます。

暗めのソファに黄色のクッション。
ダークブラウンの家具に黄色のテーブルランプ。

などなど、黄色の取り入れ方は様々ですが、インテリアコーディネートは、「実際の写真を見ながら真似するのが一番早い!!」という訳で、実際のコーディネートを見て行きましょう。

Sponsored Link

1.イエローのソファを置いたリビングコーディネート例

室内にホワイトタイルを張り、窓下に黄色のソファをレイアウトしたキッチンの例。

光が入る窓辺に黄色があると、暖かさも感じるので、冬に合いそう!
夏暑く感じる時は、寒色のクッションを組み合わせると見た目に涼し気なインテリアを作れます。

可愛い黄色のくるみボタンのソファをリビングの窓側にレイアウトしたミッドセンチュリーインテリアの例。

ホワイトの円形リビングテーブルとのコントラストが綺麗です!!
こういう色のソファを置くと、家具を木目で揃えたくなってしまいますが、白にすると清潔感が出ますね。

濃い目の床色のリビングにベージュのラグを敷いて、黄色のソファを壁際にレイアウトし、チェストとリビングテーブルを木目デザインにした北欧インテリアの例。

北欧と聞いて、グレーや色を使ったモノトーンのカラーコーディネートを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、木と黄色を組み合わせるとこんなに明るい雰囲気に!
このソファはNOCKEBY(ノッケビー) by IKEAです。

ホワイトの床色のリビングにライトグレーのラグと黄色のコーナーソファをレイアウトした北欧インテリアの例。

このリビングコーディネートも素敵!
1個前の北欧リビングが朗らかな雰囲気だったのに対して、こちらは、ちょっぴり寂しい雰囲気ですが、薄いグレーと組み合わせるとこですっきりとした印象も演出してありますね。

薄いベージュのラグの上に、ホワイトのカウハイドラグを敷き、透明なリビングテーブルと黄色の4Pソファをコーディネートした例。

鮮やかな黄色のソファが目を引く明るいリビングです!
黄色は膨張色なので、狭い部屋に置くと圧迫感を感じてしまう場合がありますが、この事例は広さを感じる白やクリア素材と組み合わせることで開放感が演出してあります。

薄い茶系の長方形ラグに黄色のレザー製の3Pソファとデイベッドを対面式にレイアウトしたリビングの例。

太い柱を横向きにしてリビングテーブル代わりに使うアイデアが素敵!!
黄色のレザーソファって珍しいですが、暖かい雰囲気のリビングを演出するのにぴったりですね。

2.イエローのアクセントクロスを使ったインテリアコーディネート例

隣の部屋に続く開口のある壁を明るい黄色にしたリビングの例。

床がタイル針の海外のインテリアなので、日本の住まいとちょっぴり違いますが、1面だけに色がついているのに部屋全体がとっても明るく見せませんか?
ホワイトの家具をコーディネートするとすっきりとした印象になりそうな予感です。

床から天井までをちょっぴりダークな黄色でペイントしたオームオフィスの例。

横の壁も黄色いのですが、縦4段横5列、合計20枚の写真の飾り方が素敵だったので掲載。
スナップ写真を20×15cmの写真フレームに入れて、ホワイトの縁を太めに取る統一感のある飾り方はは、とても参考になりますね。

ナチュラルブラウンの床色にホワイトの木製家具をコーディネートした子供部屋の壁を一面だけ黄色にした例。

大きな木のシルエットの薄いグレーのウォールステッカーを黄色の壁に張って、枝先にグレーのウォールシェルフを取り付けるアイデアが素敵!
ウォールシェルフに小鳥がとまってるように見えます!!

L字になった広いリビングダイニングのリビング側の1面の壁にマスタード色の壁紙を張った例。

ダーク色の窓に合わせたペンダント照明&ブラケット照明のコーディネートがおしゃれ♪
インテリアていすとは、北欧に見えますが、地中海風です。

綺麗な木目床のリビングの壁の1面をちょっぴりダークな黄色にして、ベージュのコーナーソファをレイアウトした例。

廊下との間仕切りにも木目を使ったデザイン性の高いインテリア例ですが、この事例の木の壁の木目を参考にして家具とコーディネートしても似合いそう!

続いては、キッチンの壁を黄色にした事例を2つ。

明るい黄色の壁にホワイトのI型キッチンを取り付けた例。

ウォールキャビネットと天井の間に空間を作り、ウォールキャビネットの幅と同じ分だけ照明器具を取り付け、間接照明風にするアイデアが素敵!!
天井高のあるキッチンでないと同じようなインテリアは作れませんが、憧れます!

両サイドにトールキャビネットをレイアウトしたI型キッチンの正面の壁を明るい黄色にした例。

ウォール部を扉付のキャビネットではなく、オープン棚にして食器収納として活用し、向こう側に壁の黄色を透けて見せるコーディネートがおしゃれ過ぎます!
キッチンが丸見えの間取りでも、こんなに洗練された雰囲気にできるなら、壁付けキッチンも良いなぁ~。

3.イエローをアクセントカラーに使ったインテリアコーディネート例

ライトグレーのラグ、ソファ、クッションをコーディネートしたリビングに黄色のクッションをプラスしてアクセントカラーにした例。

リビングテーブルの上に黄色の壺と黄色の花、コンソールテーブル(写真手前のソファの背面にあるテーブル)の上に黄色の花という具合に3か所に黄色をちりばめる、アクセントカラーのレイアウトの仕方も参考になります。

ライトグレーのフロアソファの上に黄色のクッション、黒×ライトグレーのTVボードのウォールシェルフに黄色の箱を置いて、アクセントをつけたリビングインテリアの例。

黒をバックに黄色を置くと、こんなにファッショナブルに見えるなんて!!
TVボードの横の壁にも箱と同じ色のアートを飾って、統一感が出してあります。

薄いグレーの壁の前にアンティークなライトグレーのチェストを置いて、上に黄色の花と黄色の本を飾り、隣に黄色のレザーソファを置いたリビングの例。

このカラーコーディネート素敵過ぎる!!
チェストの上の黄色だけでもOKですが、やはり傍にソファがあることで5倍くらいおしゃれに見えてる気がします。

ホワイトの長方形のダイニングテーブルに黒の木製チェア6脚と黄色の木製チェアを2脚、レイアウトし、上部に黄色のペンダント照明を3灯等間隔に吊り下げたダイニングの例。

ペンダント照明はペイントかな?
手塗っぽい掠れた感じがアンティーク感を演出していますね。

ホワイトの床壁天井のリビングにホワイトのラグ&ソファを置き、サイドテーブルとリビングテーブルをパステルカラーの黄色にしてコーディネートした例。

小さな子供喜びそうな優しい雰囲気のインテリアです。
仕切り壁を丸や花形にくりぬいて内側を黄色でペイントするアイデアも素敵!!

ダークブラウンの床色のリビングにホワイトの床から天井まである背の高いオープン棚と黄色の座面が高いソファをコーディネートした例。

オープン棚には、ホワイトと黄色の本と黒の箱をバランスよく収めて。
左側の壁に黄色のゴージャスなアートが飾ってありますが、これがなくても、本にアクセントカラーを使うインテリアの作り方は、どんな人でも簡単にまねできそうですね。

4.イエローのラグを使ったリビングコーディネート例

黄色のラグに黒のレザー製のコーナーソファをコーディネートしたリビングの例。

「黄色のラグというと子供部屋。」という勝手なイメージを持っていたので、この写真を見たときはかなり衝撃でした。
薄い床色のリビングだと明るすぎる気がするので、ダークブラウン系の床色の住まいの参考にするとよさそう。

ダークブラウンの床色のリビングにペールイエローのラグを敷いて、グレーのソファをレイアウトした例。

黒っぽい床とグレーのカラーコンビは、すっきりとした印象の部屋を演出できますが、どこか冷たさも感じてしまいます。
そこで、床面に黄色をもってくることで暖かさをプラスし、薄い色にすることで濃い床色の部屋独特の圧迫感をなくす工夫がしてあります。

木目が目立つミディアムブラウンの床色のリビングにホワイト×黄色の幾何学模様のラグとホワイトのレザーソファをコーディネートした例。

明るくて、元気がもらえそうなインテリア!
テーブルの上に黄色の本を置き、クッションにも黄色を使うアクセントカラーの使い方もポイントです。

ホワイトの長方形ダイニングテーブルにメッシュ素材のチェアを組み合わせ、床に黄色のにタイルカーペットのような風合いのラグを敷いたダイニングの例。

グレーっぽい床色のダイニングの例ですが、ラグ&ダイニングテーブルセットのコーディネートは、ナチュラル、ミディアム、ダークブラウン、どの床色にも似合いそう!
メッシュっぽいデザインのチェアは、イームズのワイヤーチェアです。

ダークブラウンの床色の子供部屋の中央に黄色のラグを敷き、家具をホワイトで統一した例。

子供部屋の事例ですが、リビングや一人暮らしの部屋でもカラーコーディネートは真似できます。
ホワイト×黄色のコントラストの美しさは、ダークブラウンの床色の部屋が一番出せるような気が…。

5.イエローのカーテンを使ったコーディネート例

グレー(ベージュ?)の壁に明るい黄色のカーテンをコーディネートした子供部屋の例。

黄色でも、ちょっぴり赤が混じった黄色なので暖かく見えます!!
それにしても、ベビーベッドがある子供部屋にこのインテリアは、こだわり過ぎでしょ!
窓下にTVボードを置いて、コーナーに液晶TVを取り付けるアイデアは、同じような位置に窓があってTVを置く位置に困ってる人の参考になりそう。

白地にピンクや黄色の柄の入った壁紙と黄色のカーテンをコーディネートした寝室の例。

この壁紙、めちゃくちゃ可愛い♪
事例の壁紙は、Kandy Brit pop by Élitisで、輸入壁紙を扱ってるショップで手に入る様子です。
気になる方は「Kandy壁紙」で検索してみてくださいね。

グレー(ベージュ?)の壁に黄色に白の模様が入ったカーテンをコーディネートしたダイニングの例。

隣の壁に飾ってある大きな鏡の木製フレームも黄色にして、空間全体で色を統一。
黄色があるダイニングって、食事をするのも楽しそうですね。

グレーの床色のダイニングに白のラグを敷いて、黄色のカーテンをコーディネートした例。(写真奥)

ダイニングの窓は腰窓なのですが、カーテンは腰窓用ではなく、掃き出し窓用です。
狭い部屋では、この事例のように実際の窓よりもカーテンの高さを高くすると、大きな窓があるような錯覚を起こすので、部屋が広く感じます。

黄色の壁に黄色のキリンの模様(?)のカーテンをコーディネートしたホームオフィスの例。

事例を見てるだけで体感温度が1度アップしそうです。
このカラーコーディネートは、陽が入らない北向きの部屋で真似すると効果を発揮しそうな予感。

6.イエローにもう1色プラスしたセンスのあるコーディネート例

黄色の2段ベッドを両サイドの壁に2セットレイアウトし、中央の通路スペースに赤の円形ラグをコーディネートした子供部屋の例。

男の子4人兄弟の部屋かな?
ベッドリネンは青のストライプにして、赤黄青の信号機コーディネートを実現!

この組み合わせって「子供だからこそ楽しめるカラーコーディネートかな?」と思いきや、リビングに使っても楽しい雰囲気を演出できます。
(下の例参照)

リビングの白い壁に黄色のアートを飾り、天井と壁の間に赤の板を張った例。

天井が木目なので、白い天井の部屋に住んでる方は「?」となってしまうかもしれませんが、鮮やかな黄色にダークな赤を組み合わせると、子供っぽくない大人のおしゃれな部屋が作れそうな気がしませんか?

ピンク

明るい黄色の縁取りをしたホワイトのベッドリネンにピンクのパターン柄の枕カバーをコーディネートした例。

黄色とピンクって、海外のインテリア事例を見るまでは意識したことがなかったのですが、とっても合うと思いませんか?
この組み合わせも子供っぽい印象を受けるかもしれませんが、大人の部屋で実現すると下の事例のような感じに。

白の壁に黄色の大きなパネルを張り、ピンクの一人掛けチェアをレイアウトしたリビングの例。

ラグには、オレンジ色とピンク色が入った花柄をチョイスして、女性らしいエレガントなインテリアを実現!
ホワイトやライトグレーの家具と組み合わせると、ピンク×黄色でも子供っぽくならない気がします。

ダークブルーのクッションと黄色のクッションをソファの上にコーディネートしたリビングの例。

黄色×青は、鉄板コンビ。
同じ青や黄色でも、黒が混じったダーク系同士で組み合わせれば、軽くなり過ぎず、リビングにも合わせやすくなります。

アクアブルーの壁の子供部屋に黄色のペンダント照明&ホワイト×黒×黄色のベッドリネンをコーディネートした例。

この事例を見た時「こんな部屋で育ちたかった…」と思わず溜息。
インテリアが可愛い過ぎます!!

グレー

隣り合う2面の壁をグレーと黄色にした子供部屋の例。

ホワイトの枠にグレーが入ったキャビネットのデザインが素敵!!
家具を全部ホワイトにするのもありだけど、この事例のように壁色と同じ色を使った家具をレイアウトすると、おしゃれ度がアップする気がします。

対面キッチンのある空間の壁をグレーにして、黄色の可愛いペンダント照明を4灯、等間隔でキッチンの上部に吊り下げた例。

何だコレ!?
「キッチンに黄色を使いたい。」と聞いたら、キッチンキャビネットか家電か(黄色の家電を探すのは難しそう…)キッチンパネルに黄色を使うことを真っ先に思い浮かべてしまい、「照明器具で。」という発想がゼロ。
そんな私には衝撃的過ぎるキッチンインテリアです。

このカラーコーディネートなら、キッチンの色に飽きてしまうということもないですね。

グレーの壁の子供部屋にグレー×黄色のパターン柄のカーテンとライトグレー×黄色のラグをコーディネートして、グレーのハイバックチェアをレイアウトした例。

ホワイト×グレー×黄色を組み合わせたインテリアですが、柄を上手に取り入れることによって、殺風景な印象を消してあります。
こういう事例を見ると「海外のインテリアは柄の使い方がセンスありすぎ!」といつも感心してしまいます。

中性色

ホワイトのボックスシーツに青紫の掛け布団カバー&ラベンダー色の枕カバーをコーディネートし、カーテンを黄色にした寝室の例。

カーテンの色がオレンジ色に近い黄色ですが、もっと鮮やかな黄色にすると、もっとスキっとした印象になる気が…。
この部屋にはないですが、黄色のテーブルランプを置いても合いそうです。

ホワイトのベッドリネンに黄色の枕カバーをコーディネートし、グレー×黄色のラグを敷き、グリーンのヘッドボードとローマンシェードを窓に取り付けた寝室の例。

グリーン×黄色の組み合わせは、植物と太陽を連想させるので、見ていて心地よい♪
こんなカラー使いの寝室なら、朝までぐっすり眠れそうな予感です。

黄色の一人掛けソファ×2と紫の3Pソファを対面式にレイアウトしたリビングの例。

紫と黄色って、自然に目にする組み合わせではないので、思い浮かべる人は少ないかもしれませんが、インテリアでは失敗のない組み合わせなので、頭の片隅に入れておくと良いですよ。
[参照元:Houzz Inc]

Remodeling and Home Design
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Pin on Pinterest0Share on Google+0Share on Tumblr0Print this page
同じ部屋の他の記事も読んでみる
Sponsored Link

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

インテリアコーディネート術に戻る

PAGE TOP