ソファーとリビングテーブル

ソファ&リビングテーブルの選び方-大きさや材質などのポイント

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Pin on Pinterest0Share on Google+0Share on Tumblr0Print this page

ソファは、空間のメインカラーを担うインテリアスタイルを決める重要アイテムです。
選び方一つで部屋の印象が変わり、リビングの使い方でソファの選び方は変わります。

Sponsored Link

座るスペースはどの程度必要なの?

座るスペースは一人分60cmが基本です。
これくらいの広さが取れればゆったり座れます。
シートの高さは40cm前後が座りやすく動作もしやすいですが、同じ高さでもシートの角度や奥行の深さで座り心地が変化します。
また、家族それぞれ体格は違うので、奥行きはクッションで調整しましょう。

フォーマルスタイルとカジュアルスタイル

来客を想定したフォーマルスタイルでは、シートは硬めで奥行は浅め、サイズはあまり大きくないものを選びます。
家族中心のくつろぎを優先したカジュアルスタイルでは、来客用よりシートは柔らかめで、ゆったり体が伸ばせるものがおすすめです。

フォーマルスタイルのソファ&リビングテーブル

カジュアルスタイルのソファ&リビングテーブル

ソファの値段を決めているものは?

ソファの値段は目に見える張り地の素材だけでなく、目に見えない内部の構造の違いで値段や品質の違いが出ます。
座り心地はもちろんですが、カバーが洗濯できたり、作り変えや補修ができるタイプなど長く使えるものを選ぶのがおすすめです。

どんなソファが座りやすい?

シートや背もたれは、体が沈み込まない程度の硬さがある方が長時間座っていても疲れません。

大きなソファが置けない時の対処法は?

ソファが要らない場合やスペースがない時、置けないけど一人で寛ぎたいという人におすすめなのがパーソナルチェアです。
パーソナルチェアは首がもたげられるようなハイバックで、ゆったりと座れるものがおすすめです。

モダンなリビングに映えるパーソナルチェアの王道=エッグチェア。オットマン付なら一人で寛ぐのに最適ですね。

リビングテーブルはどんなものを選ぶと良い?

新聞や雑誌、TV、エアコン、照明などのリモコンで乱雑になりやすいのがリビングのテーブルです。

ちょっとしたマガジンラックになる棚付きのものや引き出し付きのデザインが重宝します。

限られたスペースでは、テーブルトップの角に足をぶつけて痛い思いをすることも。小さな子供がいるお宅なら角にアールをつけたタイプがおすすめです。

一般的なリビングテーブルの高さは30~35cmですが、お客様にスイーツや軽食を出す場合は、やや高めの40~45cmくらいがサービスしやすく、使いやすいです。

意外に場所を取るので、狭い部屋なら使わないという選択肢もあります。

たっぷりと収納スペースがあるリビングテーブル

[参照元:Houzz Inc]

Remodeling and Home Design
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Pin on Pinterest0Share on Google+0Share on Tumblr0Print this page
同じ部屋の他の記事も読んでみる
Sponsored Link

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

インテリアコーディネート術に戻る

PAGE TOP