ダイニングテーブル

ダイニングテーブルの選び方-サイズ・高さなど使いやすさのポイント

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Pin on Pinterest0Share on Google+0Share on Tumblr0Print this page

食事や作業、家族とのコミュニーケションなど、生活の中で多目的に使うことが多いダイニングスペース。
ここに置くテーブルや椅子は、どのようなものを選ぶと良いのでしょうか?

Sponsored Link

ダイニングテーブルのスペースの基本を知ろう

一人が食事をするのに必要なスペースは奥行が35~40cm、幅は60~70cmです。

一人に必要なテーブルのスペース

  1. 奥行:35~40cm
  2. 幅:60~70cm

4人掛けテーブルのスペース

  1. 奥行:75cm前後
  2. 幅:135cm前後

サイズの選び方と形状の利点・欠点を知っておこう

テーブルの大きさは4人掛けで135cm前後、6人掛けで180cm前後のものが多く出回っていますが、食事だけでなく作業スペースとしても使いたいという場合は目的に合ったサイズを選びます。
また、マンションでは、動線が一方向になりやすいので、動きやすさを考えて、自分が使いたいサイズより少し小さめを選びましょう。

円形と長方形で迷ったら、円形の方が広いスペースが必要だということを覚えておきましょう。

4人掛けテーブルの設置スペース

  1. 長方形:畳約3畳分
  2. 円形:畳約4畳分

来客用には、省スペースにもなるスタッキングタイプがおすすめです。

4~6人掛けのダイニングテーブルのレイアウトの仕方については「【ダイニングレイアウト】使い勝手抜群!4~6人掛けダイニングテーブルのコーディネート実例」を参考にしてみて下さいね。

素材選びに注意しよう

テーブルトップの素材はチェックポイントの1つです。
軽くて傷つきにくい素材の方がお手入れが楽なのでおすすめです。

最近増えているガラストップは、圧迫感が少なくてお洒落なイメージですが、脚が丸見えになったり傷つきやすいので注意が必要です。

フロストガラスは、油類の汚れが落ちにくく、掃除がし辛い面もあります。

脚のデザインにも気をつけよう

脚の形状は使い勝手に差が出る部分です。
4脚のものが一番使いやすくスッキリしますが、脚が角についているか内側に入っているかで人が座った時のゆとりが違います。
少しでもゆとりのある食事を楽しみたいなら、角付きタイプを選びましょう。

テーブル下に巾木がついているタイプは、テーブルの強度を高める為に必要ですが、座ったり脚を入れ込むときに邪魔になったり、テーブルの下に何かを置きたいときに入らないことがあるので注意が必要です。

シートの高さを確認しよう

椅子は自分の身体に合ったものがベストです。
選ぶ時は靴を脱いで座り、背もたれの角度や足が床につくか、太ももの後ろに圧迫感がないかチェックします。

椅子のシートとテーブルトップとの差は27~30cmの範囲内だと使い勝手が良いです。

ダイニングテーブルと椅子の高さ

テーブルトップまでの高さは68~72cm。
テーブルトップと椅子のシートの高さ(SH)とを差尺(さじゃく)と言い、27~30cmの空きがあると使いやすいです。
椅子の座面までの高さは身長の約1/4が目安です。
また、テーブルトップと椅子の高さは、椅子に腰かけてテーブルの上に手を置いた時、肘が直角になる組み合わせが目安です。
ダイニングテーブルと椅子の高さ

輸入家具は背が高めのものが多いので、使う人の身長や座面高さを考慮して選ぶようにしましょう。

食後、ダイニングでくつろぐことが多い場合やソファを置かないは、シートは低めのタイプの方が落ち着きます。
アームチェアは、立ったり座ったりする時に椅子を後ろに大きく引かなければならないので、その分のスペースが取れるか確認しておきましょう。
回転機能付きのものは椅子を引かずに狭い場所でも立てるので便利です。

ダイニングテーブルを選ぶ時のポイントまとめ

  1. 目的の場所に搬入できるかどうか。天板と脚部分が別々にできるタイプがおすすめです。
  2. テーブルトップの素材は硬く傷つきにくいものの方がお手入れが簡単です。
  3. 脚は4脚で角付のものが使いやすいです。
  4. テーブルの下の巾木は椅子を収納する時に邪魔になることがあります。
  5. エクステーションテーブルは省スペースで便利です。
  6. 輸入家具はサイズが大きめなので使う人の体格と照らし合わせます。

使う人数に応じて長さを替えられるエクステンションテーブル

[参照元:Houzz Inc]

Remodeling and Home Design
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Pin on Pinterest0Share on Google+0Share on Tumblr0Print this page
同じ部屋の他の記事も読んでみる
Sponsored Link

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

インテリアコーディネート術に戻る

PAGE TOP