モダン

モダンのインテリアコーディネート集

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Pin on Pinterest0Share on Google+0Share on Tumblr0Print this page

モダンは1900年以降に登場した機能美を追求したユニセックスでグローバルなデザインが特徴のインテリアです。

このページで紹介しているコーディネート

シンプルモダン

ガラスやクロムメッキ仕上げなどの金属、強化プラスチックなど人工的な素材を使った、機能的でシンプルなスタイルがシンプルモダン。
デザイン性に優れ、機能美を追求した家具が特徴です。

洗練されたデザインの家具類が生活感を見事に打ち消しています。
ショールームのような広い空間ですが、配色や家具の素材を参考にしたいコーディネートです。
少しフェミニンなリビングルーム。白、グレー、黒の配色は生活の臭いを消すカラーコーディネートです。

イタリアンモダン

モダンには○○モダンと呼ばれる多様なデザインがありますが、代表的なのがイタリアンモダン。イタリアンモダンは、デザインにこだわる人々に人気で、Mario Bellini(マリオ・ベリーニ)、 Gio Ponti (ジオ・ポンティ)、Tobia Scarpa(トビア・スカルパ)など、有名建築家の手による家具が多いのも特徴です。

また、イタリアンモダンは、シンプルな空間に大胆なフォルムの家具が映えるインテリアです。ソファには革などの上質な素材を使い、黒やこげ茶などの他に鮮やかな色も。収納家具やテーブルには、ガラスやクロムを使ったものもあります。

Mario Bellini(マリオ・ベリーニ)の家具

Mario Bellini(マリオ・ベリーニ)のLa Rotonda Table(ラトロンダテーブル)。丸いガラステーブルの脚は3本の木を組み合わせたお洒落なデザインです。

 
 

Mario Bellini(マリオ・ベリーニ)のCobra TV Stand。ぐにゅ~と曲がった首のようなテレビ台。サラッと拭くだけでOKなので掃除も楽そうですね。

 
 

Mario Bellini(マリオ・ベリーニ)のアームレスチェア。ダイニングテーブルは一枚板でとてつもない存在感ですが、この椅子を置くと随分モダンな印象になります。

Gio Ponti (ジオ・ポンティ)の家具

Gio Ponti (ジオ・ポンティ)のLivia Chairs 。非常にシンプルなデザインで、背面が枠だけというところが個性的ですね。ホワイト以外にもブルー、レッド、イエローなどカラフルなものもあります。

 
 

モダンの代表と言えば、ドイツの建築家ミースのバルセロナチェア(右奥の黒い椅子)。名前は知らなくても、この形を見て“知ってる”と思った人も多いのでは?

 

アメリカンモダン

アメリカンモダンは、フィフティーズやミッドセンチュリーとも呼ばれる1950年代に流行したテイストのリバイバル。
ミッドセンチュリーは「世紀半ば」という意味で、成形合板や強化プラスチックなど新素材を使って大量生産した家具はローコストで機能的な上、未来感覚に溢れたデザインです。チャールズ・イームズが代表的なデザイナーです。

アメリカンモダン(ミッドセンチュリー)のインテリアコーディネート例

ミッドセンチュリーモダンでまとめたリビングの例。カジュアルポップなカラーコーディネートで元気がでてきます。
こちらは、シンプルで清潔感溢れるミッドセンチュリーのリビング。シンプルやナチュラルにも通じるコーディネートですね。

 
 

北欧モダン

北欧モダンは、シンプル&ナチュラルに通じる自然素材を使ったシンプルなスタイル。
シンプルで機能的でありながら、自然素材を使ったクラフトの味わいを兼ね備えているのが特徴です。
ヤコブセンなど代表的な照明器具は日本でも人気の高く、家具はメープルやバーチといった明るい色味が特徴です。

北欧モダンのインテリアコーディネート例

ハノ字に開いた家具の脚が特徴的な欧風モダンインテリア

[参照元:Houzz Inc]

Remodeling and Home Design
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Pin on Pinterest0Share on Google+0Share on Tumblr0Print this page
同じ部屋の他の記事も読んでみる
Sponsored Link

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

インテリアコーディネート術に戻る

PAGE TOP