eclectic-nursery

センスの良さがキラリ!上級者向きラグ&カーテンコーディネート30選

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Pin on Pinterest0Share on Google+0Share on Tumblr0Print this page

前回紹介したカラーコーディネートの基本を元にしたカーテン&ラグのコーディネートは、初心者でも比較的簡単にできるものでした。

というのも、上記で紹介したコーディネートのほとんどは色調・明度・彩度のいずれかを揃えるもの。

色彩に詳しくない方でも、「似た色」「似た色濃さ」など日常生活の中で心地良いと感じる色の組み合わせで、特にセンスを必要としないからなんですね。

でもこれらの組み合わせは、「冒険」「挑戦」「驚き」と言った面ではインパクトに欠けるので、物足りないと感じる方もいらっやるかもしれません。

そんな方におすすめなのがトーンも色相も異なる組み合わせ
トーンも色相も異なるカラーチョイス

このパターンは、上の図のペールトーンのイエローとビビッドトーンの赤のように、色調・明度・彩度がバラバラの色を組み合わせる方法です。

「バラバラならば、何も考えずに適当に好きな色を選ぶだけでOKなのでは?」と思いがちですが、実はそこにはかなりのセンスも必要になってきます。

そこで、このトピックでは、このトーンも色相も異なる組み合わせを活用した、上級者向けのラグ&カーテンのコーディネートを紹介していきます。

「考えるより真似る」

センスあるラグ&カーテンのコーディネートの第一歩として参考にしてみて下さいね。

Sponsored Link

1.センスの良さがキラリと光る赤系ラグ&カーテンコーディネート

真っ赤+ホワイトドット柄のローマンシェードに、赤紫のラグをコーディネートした寝室の例。

こんな組み合わせ方考えたことも無い!!
「壁面に赤、床面にも赤系となると暑苦しいのでは?」と思ってましたが、白をたっぷりと使うことで圧迫感を感じさせないカラー配分がとても参考になります。

真っ赤(朱色?)の無地のカーテンに茶&ホワイト&グリーン&ブルーの花柄のラグをコーディネートしたリビングの例。

こういうデザインのラグを敷いた部屋には、ベージュやグリーンのカーテンを組み合わせてしまいがちですが、敢えて目立つ赤にするセンスが凄い!!

赤の透け感のあるカーテンとベージュ地に水色・赤・ネイビー・エンジの絵具を落としたようなデザインのラグをコーディネートした子供部屋の例。

チェアやベッドはカーテンに合わせた赤。
寒色が多く混じったラグや寒色のラグを使うことで、寒暖のバランスが取ってあるのも参考に。

真っ赤なシャギーラグを敷いたリビングに、赤・水色・ベージュのストライプカーテンをコーディネートした例。

こんな色のラグを敷いたら、カーテンはベージュかホワイトにしてしまう私。
このカーテンコーディネートには目から鱗です。

カーテンを広げると、どんな色に見えるのかが不明ですが、もしかすると端から中央に向かってグラデーションになってるのかも。

くすんだ赤のチェック柄カーテンとくすんだグリーン(ベージュ?)のチェック柄のラグをコーディネートしたダイニングの例。

懐かしい雰囲気がする素敵なダイニング!!
柄on柄なのに、どちらも主張し過ぎず落ち着きを感じる部屋を演出してありますね。

2.大人っぽさが魅力!!エレガントな紫系ラグ&カーテンコーディネート

薄い紫のパターン柄のラグと白に紫やエンジのトリムが入ったカーテンをコーディネートしたリビングの例。

何これ!?
ラグって単色が当たり前だと思ってる方には、このコーディネートは新鮮に映るのでは?

ラグはZHA-4001 by SUYRA、カーテンはAnthropologie

どちらも海外のサイトですが、日本ではあまり見かけない色使いやデザインにセンスが磨かれていくような気が…。

ベージュのラグにラベンダー色のカーテンをコーディネートしたリビングの例。

ラグとカーテンをそれぞれ見ると「どこにでもありそうな。」と感じるのですが、この2色を同じ部屋に使う発想は出来ないのでは?
「ソファと相性の良い色を優先的に選んだ結果こうなった。」という感じかな?

ベージュのラグにラベンダー色のカーテンをコーディネートした子供部屋の例。

1個前の事例の組み合わせよりも薄いバージョン。
こうやって事例を見ると「私もできそう」と思うのですが、カーテンやラグの実物や色サンプルを見て真っ先にこの組み合わせを選ぶ人は少ないような気がします。

ネイビーのカーテンに白が混じった赤紫系のラグをコーディネートした例。

「暗いカーテンを選んだら床面は白っぽい色にする」が当たり前だと思っていたので、このラグの色は衝撃的!!
しかも、ダークレッドの縁取りがしてあるラグなのに、ゴチャゴチャして見えない…。

赤紫&ターコイズブルーのカーテンに、ダークオレンジ&オレンジ&赤紫&ダークブルーのタイルカーペットをコーディネートした例。

「こんなラグ、既製品で売ってるのかしら?」と思ったら1枚1枚組み合わせてあるっぽい…。
これだけ色がバラバラなのに、まとまって見せることができるセンスに脱帽です。

薄い赤紫と水色のストライプラグとほとんど白に見えるライトグレーのカーテンをコーディネートしたリビングの例。

ラグだけに注力すれば難しく無さそうなコーディネートですが、注目すべきはこのリビングのフローリングがダークブラウンであること。
黒っぽい床の部屋を色だけでナチュラルな印象に見せるのは、出来そうで出来ないと感じたので掲載。

3.癒しを感じる黄系or緑系ラグ&カーテンコーディネート

ターコイズブルーのカーテンに、ベージュ×薄い茶色のパターン柄のラグをコーディネートした例。

色使い&柄使いが高貴な印象。
パティオの事例ですが、モロッコをイメージしたコーディネートの仕方はリビングにも応用できそう。

暗めの黄緑のカーテンに水色のラグをコーディネートした寝室の例。

単色カーテンとラグの2色使いでこのパターンを真似すると、どこか野暮ったい印象になる気がするのですが、カーテンの1/3にラグよりも濃い水色が入っているので上手く調和がとれてます。

こんなデザインのカーテンは“ツートンカーテン”で検索すると、たくさん出てきますよ。

オレンジ・エンジ・水色などマルチカラーのパターン柄のラグにくすんだグリーンのカーテンをコーディネートした例。

パッと目が覚めるような明るい色使いのラグに暗めのカーテンを組み合わせる。
事例を見ると簡単そうですが、一からこの発想はなかなか出来ない気が。

ラグはSWIRL Paul Smithのように見えます。

ベージュのカーテンに、明るめの黄緑色のラグをコーディネートしたリビング例。

自然を感じるカラーコーディネートに癒される!!
この組み合わせも、鮮やかさが全く違う2つの色を組み合わせた例です。

下部が黄色になったカーテンと暗めの紫のラグをコーディネートしやリビングの例。

ホワイト一色やペールイエロー一色のカーテンよりも断然おしゃれ!!
ラグがグレーやベージュに見えなくもないですが、ちょっぴり紫が混じってる!?

この事例に使われているようなカーテンは“グラデーションカーテン”で検索すると見つかりますよ。

薄い黄色のラインが入ったカーテンとはっきりとしたオレンジ色のラグをコーディネートしたリビング例。

まるで宇宙船の中みたいな部屋!!
柄が見えるか見えないかくらいのカーテンって「ダサイ印象になるのでは?」と思って積極的に選んだことが無かったのですが、目立つラグと組み合わせたら良いんですね。

黄色のパターン柄のカーテンと黄色のパターン柄のラグをコーディネートした仕事部屋の例。

壁の色も黄色なので“暑い!!”と感じてしまいますが、壁がホワイトだと想定すると、ラグ&カーテンの組み合わせ方が素敵だと思いませんか?
「ハードな印象の黄色のカーテン×優しい印象の黄色のラグ」
こんな組み合わせ方もありなんだな~、ととても勉強になります。

赤紫(+マルチカラー)のラグと黄色のカーテンをコーディネートした子供部屋の例。

カラフル過ぎて楽しくなっちゃう!!
ラグは、Parallel Reality by FLORでタイルカーペット。
小窓に黄色のカーテンだからセンス良く見えるのかな?

掃き出し窓や引違窓だとカーテンサイズがもう少し大きくなるので、この事例のようなスタイリッシュな印象は薄れてしまいそうな気も。

ダークレッドのラグに、明るい黄色に近い黄緑のカーテン(ローマンシェード)をコーディネートした例。

明るさ・鮮やかさ・色が全部違うのにまとまって見える…。
家具のデザインやソファの色の影響もあると思いますが、このラグ&カーテンの色が合うなんてこの事例を見るまで考えたこともありませんでした。

4.無難だけど良く見るとおしゃれ♪茶系ラグ&カーテンコーディネート

うっす~いベージュのパターン柄のラグとダークグレーのカーテンをコーディネートしたリビングの例。

「ラグを敷くなら目立たない色」と思って白に近い色を選ぶ時は、ちょっぴり柄が入ったものを選んだ方が3倍くらいおしゃれに見えることをこの事例で発見!!

ダークブラウンのカーテンとベージュにダークグレーのパターン柄が入ったラグをコーディネートしたリビングの例。

1個前の事例のようにパターン柄が入ったラグですが、こちらは柄が目立つバージョン。
好みにもよると思いますが、柄が主張していない方が部屋が広く見える気がします。

ダークブラウンのカーテンとベージュ×黄土色のパターン柄のラグをコーディネートした寝室例。

ベッドがある部屋の例ですが、リビングで真似ても良さそう。
コーヒーカップでこんな柄を見たような気が…。
趣味嗜好から考えて、このラグをもしインテリアショップで見かけても気にも留めないと思うのですが、実例を見ると“ありだわ”となってしまいました。

ベージュ×ホワイトのストライプ柄のカーテンと黄土色×グレー×ホワイトのストライプ柄のカーテンをコーディネートしたリビングダイニングの例。

ハッキリした色が好きな私は、このカーテンを見ても「子供部屋用ね」とそっぽを向いてしまう可能性大ですが、ラグとの組み合わせ方を見て“おぉ~”と引き寄せられました…。

優しい色使い同士だとくつろぎ感がUPする気がします。

5.黒でもこんなに軽やか♪黒系ラグ&カーテンコーディネート

黒×白のパターン柄のラグとグレー+黒のカーテンをコーディネートしたリビング例①。

こんなカーテン初めて見ました!!
カーテンの折り目に沿って黒のラインが入ってるのかな?

「黒が大好きだけど暗くなるのは嫌」という場合に参考にすると良さそうな事例です。

黒×白のパターン柄のラグとグレー+黒のカーテンをコーディネートしたリビング例②。

1個前の事例と似たようなカーテンですが、こちらは黒のラインが太めなのでストライプっぽい印象。
黒を主張させたい場合は、こっちの方が良いかな?

ホワイト×黒のギザギザ模様のラグと白に茶色のパターン柄のカーテンをコーディネートしたリビング例。

柄on柄、しかも全く異なる柄同士なのにゴチャゴチャ見えない!!
ラグは、BLACK & WHITE ZIG ZAG COTTON CARPET by Madeline Weinrib
日本からは購入できませんが、デザイン選びの参考に。

黒×ホワイトのヘキサゴン柄のラグにグレーのカーテンをコーディネートしたリビングの例。

なにこのラグ格好良い!!
「ドット柄だと子供っぽくなってしまう…」という場合に活用すると良さそうなパターン柄ですね。

6.無難な色もセンスUP!!青系ラグ&カーテンコーディネート

ネイビーの単色カーテンと薄い紫のラグをコーディネートしたリビング例。

我が家のカーテンも一昨年こんな色にチェンジしたのですが、ラグがライトグレーなので「今一つおしゃれさに欠けるなぁ~。」と感じていたところ、この事例は良いヒントに!!
水彩画のような薄い紫のラグを早速探してみよう!

ネイビーのカーテンに、ホワイト×薄い茶色のジグザグ模様のラグをコーディネートしたリビング例。

1個前の事例のカーテンと同じ色なのにラグが違うだけで、こんなにカジュアルでおしゃれな雰囲気になるなんて!
先ほど薄い紫のラグに心を動かされましたが、これもアリですね。

ターコイズ+グレーのツートンカーテンに、ホワイト×ライトグレーのラグをコーディネートしたリビング例。

最近、目につくようになったツートンカラーのカーテン。
「コーディネートが難しそう」と思ってましたが、カーテンと同じ色のラグや家具と組み合わせるとまとまりあるインテリアが作れるんですね…。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Pin on Pinterest0Share on Google+0Share on Tumblr0Print this page
同じ部屋の他の記事も読んでみる
Sponsored Link

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

インテリアコーディネート術に戻る

PAGE TOP