contemporary-dining-room

参考にしたいソファダイニングテーブルの配置

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Pin on Pinterest0Share on Google+0Share on Tumblr0Print this page

ダイニングスペースに従来のダイニングテーブルセットを置くのではなく、リビングで使うソファ+テーブルを組み合わせた“ソファダイニング”が流行の兆しを見せていますよね。

我が家も、つい先日、4人掛けのダイニングテーブルセットから、3人座れる長めのソファと無垢のダイニングテーブルを組み合わせた寛ぎ志向の高いダイニングにリニューアルしました。

でも、いざ、ソファのあるダイニング風景を目指そうとすると、「テーブルの大きさはどのくらいが良いのか。」「どんなソファを置くとお洒落に見えるのか。」「どのように配置すれば使い勝手が良いのか。」など悩むことがいっぱい。

有名どころのインテリアショップまで足を運んで参考にしようと見て回ったけど、このライフスタイル自体が新しいので、展示数が少なく、“コレ”と思えるものに出会うことが出来ませんでした。

そこで、最終的に参考にしたのが、インテリア最先端を行ってそうな海外の事例。

私が参考にした事例を紹介しますので、これから憧れのソファダイニングを作りたいという方は是非参考にしてみて下さいね。

Sponsored Link

ダイニングテーブル+ソファ&ダイニングチェアの組み合わせ

ガラス製ダイニングテーブルとスチール製の脚のついたダイニングチェア&同デザインのソファの組み合わせ。
既製品のセットものでしょうか。
寛ぎ感のあるソファダイニングというよりは、洗練されたダイニングセットという感じですね。

お洒落なレストランのようなダイニング空間です。

リビングとダイニングを兼用したい時や現在使用しているダイニングテーブルを再利用してソファと組み合わせたい場合に参考になるレイアウトです。3Pソファの前にテーブルを置き、短手にダイニングチェアを配置。

この時、ダイニングチェアとソファの座面が同じ高さになるようにしておかないと、ご飯が食べにくくなるので注意が必要です。(笑)

こちらも手持ちのダイニングセットの一方の椅子をソファと入れ替えるだけで実現できるソファダイニング。

ダイニングチェアとソファの色と材質が同じ(写真の場合はレザーのホワイト)であれば、違うシリーズのソファを置いても違和感がありません。脚の高さが選べるソファを探せば写真のようなくつろげるダイニング空間を作ることができますね。

洋画のワンシーンに出てきそうな温もり感のあるソファダイニング。

アンティークっぽいダイニングチェアにドッド柄という年代を感じさせるデザインのソファを合わせることでインテリアの相性も抜群です。

丸みを帯びたダイニングテーブル+ソファ&ダイニングチェアの組み合わせ

ラウンド型のダイニングテーブルにダイニングチェア4脚+5Pソファの組み合わせ。

余程広いダイニングでないとこんなレイアウトは難しそうですが、丸いテーブルは角に人が座れるというメリットがあるので、ダイニングテーブルに座る人数が場面によって変わる場合などに有効です。

ダイニングテーブルの周りに、8人座ることが出来る3Pソファ+3脚のダイニングチェア+2脚のダイニングチェアのレイアウト。

ソファは重くて動かすのが大変なので、同じソファを2脚置くよりも一方は自由に動かせるチェアにしておくのがおすすめです。これなら、2脚を外して3×3でも使えますね。

正円のダイニングテーブルを囲むようにソファとダイニングチェアを配置した例。

丸いダイニングテーブルは省スペースに見えますが長方形のダイニングテーブルと比較すると床面積を多く取り、部屋の隅にデッドスペースができやすくなる為、選ぶ時は注意しましょう。

ソファを壁際に寄せて通路を確保した事例

ソファは座る時に、“後ろに引く”という動作を必要としません。その為、ダイニングにソファを置くと、通路スペースを広く確保できるというメリットが生まれます。
以下の事例は、そんな壁面を有効に利用したソファダイニングの事例です。

これまでの事例は「どこのお金持ち?」と思うような広々としたダイニングの例が多かったですが(と言っても海外では普通クラスの広さなんですが…)、ここから紹介する例は、狭い日本の住宅で暮らす私達にとって一番参考になるかもしれません。

写真のように、壁面にソファの背をつけて配置すれば、通路は片側だけでOKなので、ダイニングが広々とします。

ただし、この場合、ソファに座る時は横滑りになるので、アームの形に注意する必要があります。写真のソファはアームの背が低く、座面の前面よりも後ろにあるので、テーブルの中央に行くのもスムーズです。

ダイニングスペースの2面の壁にL型ソファを壁付けし、ダイニングチェアを2脚置いた例。
この場合も通路スペースは2面分で良いので、狭いダイニングスペースを有効利用したい時に参考になる例です。

2m以上ありそうな長いソファのあるダイニングスペース。カフェのようなオープン空間に温もりもプラスした技ありダイニング。

華やかなソファのあるダイニングスペース。
チェアとテーブルがセットになったダイニングテーブルセットの場合、椅子は全部同じデザインだったりしますが、ソファダイングだとソファとチェアのデザインが全く違ってもあまり違和感が出ません。
写真のようにソファ、ダイニングチェア2脚×2の3つの素材をバラバラにしてもお洒落ですね。

キッチンと平行にソファダイニングを並べた事例。
お洒落な注文住宅の事例集にありそうなダイニング空間です。

[参照元:Houzz Inc]

Remodeling and Home Design
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Pin on Pinterest0Share on Google+0Share on Tumblr0Print this page
同じ部屋の他の記事も読んでみる
Sponsored Link

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

インテリアコーディネート術に戻る

PAGE TOP